兵庫県警の採用情報を見て応募を決めました

キャリア支援センターや友達に協力してもらい試験に臨む

改めて兵庫県警の採用情報を確認し、応募することに決めました。
これまで剣道を行っており、体力には自信がありました。
採用情報などを参考にすると体力試験があるということでしたが、大学に入ってからも剣道やスポーツを行っていたので大丈夫だろうと考えたのです。
シャトルランなどを行うことが分かっていたのですが、事前に予行演習を行ってみたところ基準よりも多くこなすことができたので、きっと大丈夫だと感じました。
それよりも、一般的知識や小論文の試験が心配でした。
大学のキャリア支援センターを利用してこれらのアドバイスを受けたり対策を行ってもらったりしたのです。
別の職種を希望する友達ではありましたが交互に面接の練習を行い、当日に備えました。

【KoumuWIN!更新】兵庫県警察 https://t.co/e3EfarN3Te #兵庫県 #地方公務員 #兵庫県警 #公務員試験

— 公務員試験・採用イベント情報 (@KoumuWIN) August 7, 2020
第一次試験では筆記だけだったのですが、対策のおかげもあって納得のいく結果を出すことができました。
けれども、自分以上に他の受験者の成績のほうが良い可能性もあるわけですから、合否が発表されるまではとても不安だったことを覚えています。
無事合格していたことが分かったのですが、喜んでいる暇はなく苦手な面接の対策を行うことにしました。
一次試験の前から少しずつ練習はしていましたが、多数行われる試験の中でも最も自信がなかったので、キャリア支援センターのスタッフや友達に協力してもらって対策を行ったのです。

仕事と家庭の両立ができそうだと思い兵庫県警の求人に応募キャリア支援センターや友達に協力してもらい試験に臨む無事に合格し幼い頃の憧れを忘れずに応募して良かった